助成金による研修 国が支援する「キャリア形成促進助成金」を活用する / 社内でのIT研修費・人件費を大幅の軽減できる、キャリア形成促進助成金をご紹介いたします。

キャリア形成促進助成金とは
※17年4月から人材開発支援助成金に変更されました。

正規労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、職業訓練等の実施を行う事業主に研修にかかる経費を助成する制度です。
1事業所あたり500万円までの助成が可能で、全ての業種で利用できます。
詳しくは弊社へお問い合わせいただくか、もしくは厚生労働省のホームページをご覧ください。

注意事項

2016年度から制度が変わり、技術研修終了後、自社社員の方と同じ場所で働く事が条件になりました。
客先常駐がメインの企業様の場合、請負契約での業務が受給条件になります。派遣契約、準委任契約(SES)は受給対象外になります。

2017年度助成金支給額

支給対象訓練OFF-JT
賃金助成額(1人1時間あたり)経費助成額
生産性要件を満たさないケース生産性要件を満たすケース生産性要件を満たさないケース生産性要件を満たすケース
特定訓練コース760円
380円(大企業)
960円
480円(大企業)
45%
30%(大企業)
60%
45%(大企業)
一般訓練コース380円480円30%45%

(厚生労働省ホームページ人材開発支援助成金より引用)

特定訓練コースでOJT訓練を併用するケース

支給対象訓練OJT
実地助成額(1人1時間あたり)
生産性要件を満たさないケース生産性要件を満たすケース
特定訓練コース
OJTと組み合わせた
訓練
760円
380円(大企業)
960円
480円(大企業)

(厚生労働省ホームページ人材開発支援助成金より引用)

特定訓練コース(生産性要件を満たしているケース)支給例

2ヶ月コースを300H受講のケース※8割以上出席が受給の条件になります。

pagetop